ウッドデッキの価格と相場

ウッドデッキの価格相場と業者の探し方

安心保証

家にウッドデッキを付ける検討をしているあなた。
ウッドデッキを作る工事費用がどれだけかかるかご存知ですか?

 

ウッドデッキの工事費用は
2.7×1.2m(3.24平米)のおよそ1坪の広さで
18万円〜25万円
くらいが相場です。

 

ただし、上記はあくまでも目安です。
一般的な木材を使い、柵や屋根等のオプションもなく、設置条件も標準的な1坪のウッドデッキを作った場合の相場です。

 

しかし実際は人それぞれ、希望する条件が違います。

 

あなたが希望するウッドデッキの適正価格を知り、できるだけ安く、安心できる工務店に工事を依頼したいのであれば、リショップナビがおすすめです。

 

 

厳選された工務店の中から、あなたの希望条件に合う会社を最大5社紹介してくれます。
複数社から相見積を取って、納得いくまで比較検討してくださいね。

 

>>厳選された複数社へ3分で見積依頼する<<


ウッドデッキの本当の相場

相場

一般的なウッドデッキの相場は冒頭でお伝えした通り、1坪18〜25万円くらいですが、実際はそれに当てはまらない場合が多いです。

 

  • ウッドデッキでバーベキューをするのが夢
  • 天気の良い日は外で読書がしたい
  • 掃き出しから屋外への段差をなくしたい
  • 屋根付きの洗濯物干しスペースが欲しい

 

それぞれ設置目的が違い、それに応じて広さや仕様が変わってきます。
広さ、木材の種類、目隠しフェンス、階段、手すり等、こだわりは多岐にわたり、10人いたら10通りのウッドデッキを希望するはずです。

 

そこで、あなたの希望するウッドデッキの本当の相場を知る方法が複数社から相見積を取ることです。


どうやって工事業者を探す?

優良な会社に安く工事をしてもらうのが一番ですが、そんな会社をどのように探せば良いでしょうか。

 

電話帳で近くの工務店を探す

昔ながらの探し方ですね。
電話帳には地域の「工務店」の一覧が載っているので、その中から選ぶという方法です。
しかし、電話帳には電話番号と住所くらいしか載っていないので、実際にその会社が優良であるかの判断は出来かねます。
複数の業者に依頼しようにも無数の会社が羅列してあり、絞り込むのは困難です。

 

知名度の高い会社に依頼する

テレビCMや折り込みチラシでよく見かける会社があります。
大手であれば安心して任せられると思われる方も多いでしょう。
知名度の高い大手は見積依頼をする1社の中に加えるのは問題ありません。
しかし、大手だからと言って安く、優良な工事をしてくれるとも限りません。
大手は莫大な広告費や営業経費を使っているため、これらを捻出するために多めのマージンを乗せていることも考えられます。

 

ネットの口コミサイトで探す

最近ではインターネットの口コミサイトが増えてきましたので、その中から評判の良い業者を探す方法もあります。
電話帳で探すよりは、その会社のイメージが沸きやすく、優良であるかどうかの判断はしやすいでしょう。
ただ、口コミの中にはその会社の職員が書き込んだもの等も含まれている可能性があり、信頼性に欠けるというデメリットもあります。

 

親戚や知人から知り合いの工務店を紹介してもらう

もし親戚や知人の中で工務店と付き合いのある人がいれば、その人から紹介してもらえるでしょう。
じつは、この方法はオススメできません。
紹介してもらった以上、他社から見積もりを取りづらくなり比較検討が出来ません。
気を使ってしまうが故に要望を伝えにくくなりますし、万が一施工がイマイチであっても紹介者の顔を潰すわけにはいかないので、強気でクレームを言うわけにもいきません。
相手の工務店からしても、知人の紹介であれば容易に他所に取られる心配もないので、横柄な態度を取られる場合もあります。
一概にすべてがそうだとは言いませんが、よほど信頼のおける工務店でない限り避けた方が無難です。

”厳選された”複数社に一括で見積依頼ができるリショップナビ

従来の探し方では、どうしても優良な業者のみを絞り込むのは困難でした。
そこで当サイトでおすすめしているのは
リショップナビです。
安心保証

 

リショップナビの特徴

  • 約3分で複数社に見積依頼ができる
  • 全国800社から条件に合う会社を紹介してくれる
  • 加盟しているのは厳しい審査基準をクリアした会社のみ
  • 万が一工事ミスがあった場合の安心保障がある

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

3分で複数社に見積依頼ができる

リショップナビでは誰でも簡単に見積依頼ができます。
まずはリショップナビのホームページを開きます。

 

>>リショップナビのホームページ<<

 

そこで下記の情報を入力します。

  • 名前
  • ふりがな
  • メールアドレス
  • 住所
  • 建物の種類を選択
  • 所有種別を選択
  • 築年数を選択
  • リフォーム箇所(ウッドデッキを選択)
  • 予定時期を選択
  • 予算を選択

 

この時点で入力フォーム下部に見積依頼できる会社を選択できます。
既にチェックが付いた状態なので、依頼したくない会社があればチェックを外します。

 

全て入力が終わったら次の画面に進みます。

 

フォームに入力した内容が表示されるので、問題なければ確定させましょう。

 

以上で見積もり依頼は完了です。
ここまで入力するのに、おそらく3分もかからないでしょう。

 

その後、リショップナビのスタッフから連絡が入り、工務店を紹介してくれます。

 

紹介してもらった会社へあなたから連絡する必要はありません。
業者さんから直接電話がかかってくるので、あなたは待つだけでOKです。

 

 

全国500社から条件に合う会社を紹介してくれる

工務店ならどの会社でもウッドデッキの施工ができるとは限りません。
会社によって得意分野、対応可能地域、工事規模により対応できない場合もあります。
リショップナビでは全国500社もの加盟会社があるので、あなたの希望する工事内容、地域、予算に応じた最適な業者を複数社ピックアップしてくれます。

 

加盟しているのは厳しい審査基準をクリアした会社のみ

安心保証

一口に工務店と言っても様々な会社があり、中には大した実績もなく、建設業許可も持っていなく、不誠実な工事をする会社も多数あります。
自分で調べて工務店を探す場合、そのような業者を見極めるのは素人には困難です。
リショップナビに加盟できるのは厳しい加盟基準をクリアした会社だけなので、安心して見積依頼ができます。

 

リショップナビへの加盟条件

  • 過去2年以上法人として活動実績がある
  • 過去2年以上法律の違反履歴がない
  • 建設工事保険・賠償責任保険・リフォーム瑕疵保証に年間で加入している
  • 建築業許可か建築士事務所登録のいずれかを取得している

 

万が一工事ミスがあった場合の安心保障がある

どんなに優良な会社でも、工事ミスが全くないわけではありません。
万が一施工完了後にミスが発覚した場合、何の保証もなければ、あなた自身が再工事費を負担しなければいけないかもしれません。
そのような事態を避ける為に、安心リフォーム保証制度を導入しています。

 

安心保証
安心保証
出典:リショップナビ

 

 

 

工事業者との打ち合わせで失敗しないためのコツ

BBQ

優良な工事業者を紹介してもらったら、直接打ち合わせをする段階に入ります。

 

理想的なウッドデッキを作るためには、この打ち合わせも非常に重要です。

 

打ち合わせで失敗しないために、最低限の準備はしておきましょう。

 

 

 

 

使用目的を明確にする

ウッドデッキを設置する目的はきちんと決めておきましょう。
目的を決めずになんとなくで済ませると使いにくいウッドデッキが出来上がり、そのうち使わなくなります。
使用目的をしっかり決めておけば、屋根が必要か、目隠しが必要か等のイメージが付きやすくなります。

 

具体的な仕様を決める

使用目的が決まったら、どんなウッドデッキにしたいか仕様を決めていきましょう。
検討する項目は下記のとおりです。

 

広さ

敷地の面積と必要な面積を考慮して考えましょう。
洗濯物を干すだけであれば1坪程度で十分でしょうし、バーベキューをしたいとなれば相応の面積が必要です。
当然面積が広くなればなるほど価格も上がっていきます。

 

材質

基本的には天然木を使いますが、最近では人口木という樹脂を用いた材料もあります。
一般的な天然木は、木のぬくもりを感じられる質感が魅力ですが、木でできているので定期的なメンテナンスが必要です。
ウリン材等の耐久性の高い木材もありますが、全く手入れが不要というわけではありません。

 

人口木は雨による腐食の心配がなく、メンテナンスも不要です。
しかし断熱性は天然木と比べると劣り、夏場になると裸足では歩けないほど熱くなる場合もあります。

 

小さいお子さんや目の悪いお年よりがいる場合は、転落防止の為に柵を設置したほうが良いかもしれません。
開放感を重視する場合は不要な場合もあります。

 

目隠しフェンス

人通りの多い通りに面している場合は、目隠しの設置をおすすめします。
自分たちだけのプライベート空間を作ることができます。
デメリットとしては日当たりが悪くなることと、ウッドデッキ全面を覆う屋根の設置ができないということがあります。

 

階段

ウッドデッキから庭に降りるための階段です。
高さがあまりない場合は必要ありません。
導線を考えて、使いやすい箇所に設置しましょう。

 

 

これだけイメージを固めておけば、業者さんとの打ち合わせもスムーズになります。
不確定な要素が多いと、業者さんが勝手に仕様を決める部分が多くなり、相見積を取る際に業者によって見積内容が変わることがあります。
また、工事が完成した時にイメージと違うということも起こりやすくなりますので注意が必要です。

 


あなたの理想的なウッドデッキをつくってください

子供

ウッドデッキは生活する上で絶対必要なものではありません。

 

その為しっかり計画を立てずに、オシャレだからという理由でなんとなくつくって失敗してしまう人が非常に多いです。

 

正しい順序を踏んで計画を立て、優良な工事業者へ依頼をすれば必ず成功します。

 

 

 

@使用目的を明確にする
A仕様を決める
B信頼できる複数社に見積依頼する
C打ち合わせでしっかり要望を伝える

この4ステップをしっかり踏まえてステキなウッドデッキをつくってください!

 

>>厳選された複数社へ見積依頼をする<<